私の長女の英語力

Posted on

センター試験の英語は90パーセントの得点でした。悪くない点数です。それでも長女は「英語が得意科目とは思ってない」と言っています。なぜか。それは「満点ではない」からです。ぜいたくですね。

ニシノ式中1英語を学んだ長女は、中学時代から英語には苦手意識を持っていませんでした。苦手意識がなければ勉強します。勉強をすれば成績は上がります。成績が上がると手応えを感じてうれしくなりますから、また勉強します。

英語はそこそこできるので、その分の時間を、高得点を取ることができなかった数学に割くことができました。すると数学の成績が上がってきました。こうして7科目の成績をまんべんなく上げることができたのです。

苦手意識さえなければ、正のスパイラルが続くのです。文系でも理系でも出題されて、全体に占める割合が高い英語は中学時代から得意科目にしておくほうがいいのです。

英語に関して言えば、中1英語で苦手意識を持ってしまうとあとが大変です。英語は積み重ねなので、中1英語という基礎の基礎がグラグラ不安定なようでは、その上に中2英語や中3英語を積み上げていくことができなくなるからです。

得意科目とは思っていないけれど、なぜか点数が取れる。これがニシノ式英語の特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です